Entries


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

※設定NGワードは『http』です

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pugiemonn.blog6.fc2.com/tb.php/747-00aec6fa

ニュースとか>10代のネット利用を追う 子どもがネットで受ける被害は甚大


10代のネット利用を追う 子どもがネットで受ける被害は甚大

大久保氏が講演する際に必ず伝えることがある。子どもに覚えておいてほしい知識はたった1つ、「ネットでは、匿名でも誰が発信したのかを特定できる」ということだ。「よく『ネットを安全に使うための何箇条』というのがありますが、それではどれが一番大事かがわからないのでダメだと感じたのです。『1つだけ』というと意識して聴いてくれます。厳密には特定できない場合もないわけではありませんが、子どもに対する教えとしては効果があると思います。発信したら特定されてしまうものと教えることで、発信に対して意識をするようになると思うのです」。

 大久保氏が考える、子どもに覚えてほしい心構えもたった1つだ。それは、「必要以上に自分をアピールしない」ということ。「インターネットでは、たった一度でも発信してしまった言葉や写真は取り戻すことは不可能です。写真は特に危険です。例えば本ならコピーすれば劣化しますが、デジタルの文字と写真はコピーのコピーも劣化しないし、どこまででも広がっていく可能性があります。特に携帯電話は、入口の狭さと出口の広さのギャップが感覚的に理解できず、思いがけないトラブルを引き起こすことが多いですね。携帯電話で書き込んだり転送しただけで、インターネットという大海に情報が流れていくことなど思いもよらない子が多いのです」。


教育現場でも家庭でもネットの危険な部分を教えたほうが良いと思います.交通ルールを教える際には,道路を横切っては危ないと親や先生は教えます.ネットについて彼らは教えているのでしょうか.教育が不十分なのではないでしょうか.現状は親や教育現場もネット上で何が起こっているのか把握できないのだと思います.親が勉強不足なのです.

「青少年ネット規制法」成立はほぼ確実 その背景と問題点 (1/3)

ネット規制法を交通ルールに例えてみました.



ずる賢い大人は子供の交通事故が多いことを利用し,お金を儲ける方法を思いつきました.ずる賢い大人は,交通ルールを理解できない馬鹿な大人たちに,道路を壁でふさいでしまえば交通事故が減ると教えました.馬鹿な大人たちは交通事故が減ると信じて壁を作ることに賛成しました.

ずる賢い大人は道路に壁を作って封鎖してしまいました.子どもたちはいままで遊びに行っていた公園へいくことができません.子どもたちは壁を乗り越えるようになりました.交通事故は一向に減りません.

一方,壁のせいで壁の外側でお菓子を売ってい会社は打撃を受け,壁のない自由な国へ出て行きました.壁を作ったことで壁の内側のお菓子業者は儲かって喜びました.壁を作ってくれたずる賢い大人にお金とお菓子を渡しました.ずる賢い大人も喜んでもっと壁を作るべきだ,するともっと子供の交通事故は減るはずだと馬鹿な大人たちに宣伝しました.馬鹿な大人たちは喜んで壁を作るために税金をいっぱい納めました.

壁を大きくしたため壁を修理するお金も大きくなりました.ずる賢い大人は業者を斡旋してさらに儲かりました.お菓子業者はお菓子の値段を上げました.子どもたちは壁がない抜け道から次々抜けて行きました.やはり交通事故は減りませんでした.

そこでずる賢い大人は壁をもっともっともっと作るべきだと馬鹿な大人たちに宣伝しました.馬鹿な大人たちは喜んで税金をたくさん払いました.高くて不味いお菓子を買いました.馬鹿な大人は自分が事故にあった時には壁がなかったせいにしました.そしてまた壁を作れば事故に遭わないと信じるのでした.




わざわざこんな話を書いたのは,ネットと違うものにたとえることで話の中身がみえるのではないかと考えたからです.いくつかポイントがあります.

  • 壁で自由が奪われる

  • 交通事故は減らない

  • 壁で交通事故とは関係ない人が儲かる(損する)。

  • 子供は壁を超える

  • 壁のコストは税金

  • お菓子が高くなり,まずくなる

  • 壁の外へ人が逃げていく⇒人が減りもっと貧乏に



私は問題解決のロジックとして不完全で弊害の多いものを導入しようとしているように思います.他にもっと検討するべきところは検討したのでしょうか.たぶんしていないでしょう.善意から派生した行動であろうと努力不足なのです.

馬鹿な大人は問題解決の方法をもっと考えるべきでした.例えば壁を作るより交通ルールをしっかり教えたほうがよかったのかもしれません.また自分たちも交通ルールをよく理解するべきでした.

壁を作れば自由がどんどんなくなります.ずる賢い人に搾取される生活が始まります.壁だけを眺めて搾取させる生活のどこが楽しいのでしょうか.私にはあまりにも愚かで理解できません.

0件のコメント

コメントの投稿

新規

※設定NGワードは『http』です

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pugiemonn.blog6.fc2.com/tb.php/747-00aec6fa

Appendix

プロフィール

川崎修

  • Author:川崎修
  • インターネット大好き!
    調布周辺で自宅警備してます



    メール:pugiemonn@gmail.com
    skype:pugiemonn
    twilog:Twilog
    mixi:mixi
    facebook:facebook
My Profile by iddy
FC2ブログ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

Twitter

コミュニティ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Adsense

月別アーカイブ

はてぶ数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。