Entries


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

※設定NGワードは『http』です

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pugiemonn.blog6.fc2.com/tb.php/1128-5bb115a6

本の感想:銃・病原菌・鉄―1万3000年にわたる人類史の謎 (単行本) ジャレド ダイアモンド (著)


銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎 (単行本)
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド (著), Jared Diamond (原著), 倉骨 彰 (翻訳)

商品詳細を見る


銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎 (単行本)
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド (著), Jared Diamond (原著), 倉骨 彰 (翻訳)

商品詳細を見る


要約はアマゾンから.

銃と軍馬―― 16世紀にピサロ率いる168人のスペイン部隊が4万人に守られるインカ皇帝を戦闘の末に捕虜にできたのは、これらのためであった事実は知られている。なぜ、アメリカ先住民は銃という武器を発明できなかったのか?彼らが劣っていたからか?ならば、2つの人種の故郷が反対であったなら、アメリカ大陸からユーラシア大陸への侵攻というかたちになったのだろうか?
否、と著者は言う。そして、その理由を98年度ピューリッツァー賞に輝いた本書で、最後の氷河期が終わった1万3000年前からの人類史をひもときながら説明する。はるか昔、同じような条件でスタートしたはずの人間が、今では一部の人種が圧倒的優位を誇っているのはなぜか。


すごい名著です.めちゃくちゃ面白いです.高校の歴史の授業ではこういう本を扱ってくれたら興味がわくんじゃないでしょうか.確か賢者は歴史に学び,愚者は経験に学ぶという言葉がありますが,よく歴史が大切だとは説明しているけれども,具体的に何が大切だったのかは学校の先生も教えてくれないんですよね.歴史の流れでどういう人間がが生き残り,滅んでいったのかを知ることはあらゆる局面で有用は筈です.

とりあえず記憶に残っているところだけ書いてみます.

人類のもっとも大きな発明は定住生活と言語。
人口の増加が富国をもたらした。
平和的な民族と攻撃的な民族の出会いでは平和的な民族が虐殺された。
新技術を多民族から先に柔軟に取り入れた民族が力を持ってきた。
新技術を新たに開発した民族が力を持ってきた。
新技術を素早く習得できるかは教育レベルが影響する。
新技術を持つ民族と旧技術を持つ民族の出会いでは旧技術を持つ民族が虐殺された。
技術を捨てた民族は場合はその後停滞する。
技術の選択および価値は経済性や環境に左右される。
他民族との接触を減らした民族はその後停滞する。
環境は民族の優位性に影響を及ぼすが、環境破壊が起こると優位性が失われる。


20世紀になぜヨーロッパの人間が力を持ったか,なぜ中国が没落したか,日本が電子立国として短期間に復活できたのはなぜか,などなどかなり面白かったです.ぷぎえもんは技術に関する内容が良かったんですけど,農耕や狩猟,家畜に関する内容が多いです.とにかく一読の価値がある本だと思います.

0件のコメント

コメントの投稿

新規

※設定NGワードは『http』です

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pugiemonn.blog6.fc2.com/tb.php/1128-5bb115a6

Appendix

プロフィール

川崎修

  • Author:川崎修
  • インターネット大好き!
    調布周辺で自宅警備してます



    メール:pugiemonn@gmail.com
    skype:pugiemonn
    twilog:Twilog
    mixi:mixi
    facebook:facebook
My Profile by iddy
FC2ブログ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

Twitter

コミュニティ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Adsense

月別アーカイブ

はてぶ数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。