Entries


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニ広告は単価だけを考慮するオークション方式なのか


いえーい,今日もニコニコ動画見てますか.

ニコニコ動画でタグに広告を付けられるようになったようです.

宣伝したい動画と特定のタグを指定しポイントを支払うと、そのタグの検索結果上部に用意された宣伝枠に宣伝した動画が表示されるというもの。ユーザーはどの動画をどのタグにいくら払うかを決めることができる。宣伝された動画には最後の部分に、ポイントを支払って宣伝したユーザーの名前、つまり“スポンサー”が表示されるようになる。
引用:ニコニ広告
参考:3/10 『ニコニ広告』 サービス開始!


で実際の検索結果なのですが,
cap090315-1.png

タグと関係のない動画が検索される?!
タグと関連性の低い広告が表示されています.

ということで表示する確率について調べてみました.

ニコニ広告枠に動画が表示されるかどうかは、それぞれの動画ごとに【使用されたニコニコポイント】と【宣伝開始からの経過日数】から【表示確率】が決定し、その表示確率から表示する3個の動画が決定します。

引用ニコニ広告枠に表示される確率


ニコニ広告の表示確率はオークション方式と言われる広告入札方式により,入札した金額によって表示される広告頻度が影響されます.このオークション方式ですが,Yahoo!やGoogleのリスティング広告大手であるovertureやAdwordsは単純なオークション方式に加え,検索ワードと広告先のマッチングを考慮する方式をとっています.仮に検索ワードと広告のマッチングが悪い場合は,表示頻度が下がります.広告の表示頻度を上げるには広告主がより高単価を入札しなければなりません.

要するに検索連動型広告では,広告のマッチングが良いなら広告が表示され,マッチングが悪いと広告が表示されないわけなのです.何故検索連動型広告がこういうシステムになるかと言いますと,広告リンクの質が下がることによりユーザーのクリック率が下がり,広告が売れなくなってしまうからです.

ニコニ広告がそもそも動画を宣伝することが目的ならば,マッチングが悪い,つまり動画と関連性の低いタグが買われている場合は,クリック単価を高くするなどの調整を行うべきではないでしょうか.例えば,マッチングが悪い場合は,通常1クリック1ポイント消費するところを,5ポイント消費するなどの仕様にするわけです.ユーザー視点で言えば,マッチングの悪い広告をクリックしたくないということになります.また,マッチングの良い動画を宣伝してくれたユーザーも報われるのでしょうか.

テレビで言えば,パチンコCMばかり入った番組は見たくないですよね?

Googleウェブマスターツールのサイトマップ送信で容量オーバーで警告された


ウェブマスターツールを使用していたところ,サイトマップのエラーと警告がでてGoogle様から怒られてしましました\(^o^)/ .

サイトマップのファイルサイズエラー

サイトマップのファイルサイズエラー
サイトマップのサイズが上限を超えています。複数のサイトマップにURLを分割して、ファイルサイズの上限を超えないようにしてください。


サイトマップのサイズを見てみると,なんと10.5MBもあります.確かにめちゃくちゃ重いですね.ということでGoogleのヘルプを見てみました.

質問: サイトマップの最大サイズはどのくらいですか。

サイトマップのサイズは圧縮する前の状態で 10 MB (10,485,760 Byte ) 以下、含める URL の数は 50,000 個以下とする必要があります。
ウェブマスター ツール


なるほどです.サイトマップの容量は10MB以下にしないといけないみたいです.

早速9.9MBまでサイズを落してアップロードしたところ数日でまた承認されるようになりました.

.htaccessを使って動的URLを静的URLに変換する.seo対策的な意味で.


ウェブページのSEO対策として,動的なURLを静的URLへ変換することは有効と言われています.

参考:Google と相性の良い URL の作成

ということで早速動的をURLを静的URLに変換しようとしたのですが,検索してみても何を書いてあるのかさっぱり分かりません.色々なサイトを見ても他サイトのコピペみたいな内容で意味不明です.何故わからなかったのかというと,動的URLの静的URLの変換は正規表現の知識が必要とのことでした.ということで初めてでもURL変換ができるようにエントリーを書いてみました.内容がわからない場合は『正規表現』で検索してください.

では早速.htaccessを使った基本的のURL変換を行ってみます.ここではapacheのhttpd.confでなく,レンタルサーバーでも使用し易い.htaccessを用います..htaccessファイルはファイル名が.htaccessのテキストファイルのことです.テキストエディタを用いて作ることができます.

まず変換するURLをドメインのrootとしましょう.このブログで言うなら以下のディレクトリに.htaccessファイルを配置します.

http://pugiemonn.blog6.fc2.com/

まず,index.htmやindex.htmlでindex.phpへアクセスするために.htcaccessへ次のように記述します.

Options FollowSymLinks Includes
RewriteEngine on

RewriteRule ^index\.html? /index.php [L]

この記述でindex.htmlでもindex.htmでもindex.phpへのアクセスが可能となります.

Options FollowSymLinks Includes
RewriteEngine on

最初の二行はURLの書き換えに必要なコードです.変換ルールはRewriteRuleの後ろに書きます.
RewriteRuleにある最初の『^』は行の頭を見るのでrootの一番最初を見ています.『\.』は.(ピリオド)を認識させるためのエスケープです.最後の『?』はhtmlの最後の文字を無視してもいい表現です.index.htmlでもindex.htmでもOKになります.

ブラウザでアクセスするURLを記述したので,半角スペース後ろに内部でアクセスするURLを記述します.ここではindex.phpへアクセスするものとします.

簡単ですね.

次に/index.php?id=123のようなパラメータつきの動的URLを静的な/123に変換します.

Options FollowSymLinks Includes
RewriteEngine on

RewriteRule ^([0-9]+)$ /index.php?id=$1 [L]

これで例えば/123にブラウザでアクセスしても,内部ではindex.php?id=123へのアクセスになります.

先ほどのようにRewriteRuleをみてみます.[0-9]は0-9まで,つまり数字ならなんでもOKということです.『+』は繰返しを意味し()はグループを意味するので,([0-9]+)は数字の繰返しを意味します.

次に/index.php?id=123&tag=%E6%A5%BDのようなパラメータつきの動的URLを静的な/123/%E6%A5%BDに変換します.

Options FollowSymLinks Includes
RewriteEngine on

RewriteRule ^([0-9]+)/(.*)$ /index.php?id=$1&tag=$2 [L]

これでブラウザで/123/%E6%A5%BDにアクセスしても,内部では/index.php?id=123&tag=%E6%A5%BDへのアクセスになります.

RewriteRuleをみてみます.数字なら何でもOKの後ろに(.*)を足しました.これは文字列なら何でもOKという意味です.文字はどれだけ長くてもOKです.

次にダミーのディレクトリを作ってみます.
Options FollowSymLinks Includes
RewriteEngine on

RewriteRule ^post/([0-9]+)$ /index.php?id=$1 [L]

これは/post/123にブラウザでアクセスしたときに,内部では/index.php?id=123へアクセスします./postという存在しないディレクトリを表示することができるました.こういうダミーのディレクトリを用いることにより自由自在にURLを作ることができます.

以上でおそらくほとんどの動的URLを静的URLへ変換できるはずです.
ちなみに動作確認はしていないので自己責任でお願いします.

参考:サルにもわかる正規表現入門

ページの自動生成で検索エンジンからの誘導は増えるか


SEOの王道は外部リンクの増加とインデックス数の増加です

実験サイトでスパムサイトっぽいページの自動生成を開始してから一か月以上が経ちました.実際にサイトへの誘導数は増えたのでしょうか.

ブラウザごとのアクセス比較図
ブラウザごとのアクセス比較

検索エンジンごとに見てみましましょう.

まずyahooにはまったく影響ありません.むしろアクセスが減っていますが,もとが少ないので誤差の範囲ということにしておきます.図中の緑で書いた数字がyahooのインデックス数です.自動生成したページが全く無視されており,インデックス数が増えていません.ページの自動生成よりもサイト内の構造に問題があるかもしれないですね.

次にgoogleです.この実験サイトはもともとgoogleからのアクセスがまったくありませんでした.しかし,サイトマップの自動生成を始めてから,インデックス数は4倍に増え,少しずつアクセスが増えています.とはいってもまだまだ微々たる数字なので何とも言えませんね.まじめに集客するなら,インデックス数で最低数万は欲しい気がします.

もちろんこの実験サイトは,ページの自動生成だけでなく,内部リンク構造の変更や静的ページの追加を常に行っています.よって検索エンジンからもたらされるアクセス数の変化がページの自動生成によるものだということを証明するものではありません.

ということで今後も経過を報告します.

SEMとは検索エンジンに広告だすことらしい


Search Engine Marketing

検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法。

 検索エンジンのより上位に自社サイトが掲載されるようコンテンツを最適化するSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)や、キーワード連動型広告や有料リスティングサービスによる広告掲載などの手法がある。

 もともと、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が高いため、優良な見込み客であることが経験的にわかっていた。この経験則を一歩進め、検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEMである。

引用:SEM


SEMの説明を何度読んでも理解できませんでした.SEOと書いてあったり,広告と書いてあったり,マーケティングとかいう単語があってずっと意味不明でした.上の引用の説明を読んでも『検索エンジンを広告媒体として積極的に利用』って何がいいたいのかわかりません.もっとわかりやすく書いてほしいです.

SEMとは広告の手法のことで特に検索エンジンへのリスティング広告などの広告出稿のことであると覚えたほうが早そうです.SEOは検索エンジンから顧客を引っ張るのでSEMにも含まれるらしいですけど,広告出稿とSEOは全然違いますね.検索エンジンの画面で説明すれば下図みたいな感じなのでしょうか.

cap081110-1.gif

英語の直訳のほうなら納得しやすいのに,和製英語になったとたんわかりにくくなった気がします.ひとつ謎が解けてよかったよかった.

Webマーケティング成功の法則75Webマーケティング成功の法則75
(2007/07/19)
野口 竜司吉村 正春

商品詳細を見る

参考にした本

Appendix

プロフィール

川崎修

  • Author:川崎修
  • インターネット大好き!
    調布周辺で自宅警備してます



    メール:pugiemonn@gmail.com
    skype:pugiemonn
    twilog:Twilog
    mixi:mixi
    facebook:facebook
My Profile by iddy
FC2ブログ

カレンダー

06 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

Twitter

コミュニティ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Adsense

月別アーカイブ

はてぶ数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。